BIOGRAPHY


YUDAI (Vo.) / KAJ (Ba.) / YUI (Key.) / PROF.O (Gt.) / TAKT (Dr.)

2012年12月、Vo.YUDAIとKey.YUIにより発足。
下北沢garageにて、初の自主企画"kook and touch vol.1"を実施。会場限定音源"もし君が/a boy in the ocean"を発表。
2013年5月、バンドメンバー結成。
初ライブ、本格始動。
2013年7月、SoundCloudにて、バンド初音源"Light in the dark"無料配信。(限定配信の為、終了)
2013年8月、バンドによる初のレコ発スリーマンイベント、"kook and touch vol.2"を下北沢garageにて開催、

会場限定音源「I don't want to be getting old / Won't trust you」をリリース。
2013年12月、会場限定音源第二弾、「Empty / Good night」をリリース。
2014年6月、CICADAと初のツーマンライブイベント、"kook and touch vol.3"を下北沢MOSAiCにて敢行。
2014年8月、 大型ロックフェスSUMMER SONIC 2014のオーディション企画で、1000組以上の応募の中からファイナリスト18組に選出される。

国内最大級のクラブ、渋谷WOMBに初出演。自身の活動の専念の為、Gt.田子剛が脱退。
2015年1月、インディーズバンド紹介サイト"Banvie"と、コラボレーションイベント『Banvie × kukatachii-日本一オシャレで踊れるライブイベント!-』を開催。

ミニアルバム『A hurray』を会場にてリリース。限定100枚完売。
6月ミニアルバム『A hurray』を全国のCDショップにてリリース。新宿MARZにてリリースパーティー『It's to A hurray』敢行。
7月、東海・関西ツアー敢行。

8月「Die in the summer ft. Ryo Takahashi」リリース。
9月FM81.3 J-WAVE「Galaxy ALL AREA PASS」出演をかけたオーディションにて、グランプリを獲得。

10月「Ageha Springs」 にて"Immolality"を再レコーディング。エンジニア森真樹氏、クリエイティブディレクター市川洋介氏。
FM81.3 J-WAVE「Galaxy ALL AREA PASS」にて密着取材が放送される。番組MC 藤田琢己氏。
2016年4月”Love today / Mirror / Don't wake me up"ライブハウス限定リリース。シンガポールにてMV撮影。
リリースイベント"Love today"@下北沢MOSAiC
7月 Shibuya duo MUSIC EXCHANGEイベント出演。
8月 島根県江津市山辺神社 山辺音楽祭「States Of Rock 2016」出演。
10月 「FM802 MINAMI WHEEL 2016」出演。(入場規制)
BLU-SWING TOUR"_2016" @Motion Blue YOKOHAMA ゲスト出演。
12月 kukatachii初となるワンマンライブ  "Depart" @下北沢MOSAiC開催。(チケットソールドアウト)
GAP傘下でカリフォルニア発カジュアルブランド「OLD NAVY」のCMソングとして「Love today」が採用される。
世界的なケーブルテレビCNNでも放送。
2017年1月 「Love today」デジタル配信決定。東京メトロフリーペーパー"メトロポリターナ" に掲載される。
サポートGt.PROF.Oが正式メンバーとして加入。
 

Coming from Tokyo, kukatachii has one of the most eclectic music style in all Japan: electro-pop, rock, R&B, jazz, soul… Nothing escapes them! Created in 2012 by singer YUDAI and keyboardist YUI, the band has grown over the years and now includes guitarist PROF.O, bassist KAJ, and drummer TAKT.
 
The band name derives from kukatachii, which was a spiritual trial for judging honesty in ancient Japan. YUDAI is a true history enthusiast and this can be seen not only in the band name but also in some of their musical works.
 
The public loves kukatachii’s unique universe: the band doesn’t simply mix musical styles, they interpret them in their own way. And with the high and uncommon voice of the singer and a groovy vibe, the band can turn any live venue in a real dance floor.